URLシネマ『サバイビングプログレス - 進歩の罠』上映会

Description

●会話から始まるシネマ体験●

URLシネマは、観賞後の「対話」を大切にしている上映会。

今回の作品は、M.スコセッシ製作総指揮の大作ドキュメンタリー『サバイビングプログレス - 進歩の罠』です。

(公式ページ https://www.cinemo.info/20m ) ※作品の詳細は末尾↓↓↓

この刺激的で壮大な映画を観賞した後、参加者の皆さんで語り合いましょう。

・未来について、現在の私たちについて、地球や宇宙について、科学技術について...

対話の時間をたっぷりとってあります。是非ふるってご参加ください。

----- ----- ----- ----- -----

▼ 日時
2019年8月24日(土)14:00-18:00
(※終了後、簡単な交流会あり)


▼ 料金
1500円(学生500円)
 ● 申込 https://url-20190824.peatix.com


▼ 場所
SOOO dramatic!

・東京都台東区下谷1-11-15
・東京メトロ日比谷線「入谷駅」1番・2番出口から徒歩1分
・JR山手線「鶯谷駅」南口から徒歩6分、「上野駅」入谷口から徒歩12分
※「SOOO dramatic!」の入り口は、大通り(昭和通り)の1本裏側です。


▼ 主催
URL(ユニバーサル・リサーチ・ラボ)
https://www.facebook.com/groups/578772572304054/

● 進歩の罠
「進歩の罠」とは、目先の利益のために将来を犠牲にすること。遺伝子工学、宇宙開発、人口食糧や人口燃料...。いま、科学技術は暴走しているのではないか?


世界の人口増、大量消費社会、地球環境破壊など、問題は深刻さを増すばかりです。ベストセラー作家ロナルド・ライトは、「進歩の罠」によってこれまでの文明が繰り返し破壊されてきたことを指摘し、現在、人類が文明の崩壊の瀬戸際にあると警告します。


● 危機への挑戦
この映画には、私たち人類の過去、脳、そして社会を徹底的に調べた思想家たちが登場します。ライトの差し迫った警告に拍車をかける者もいれば、進歩が招いた人類の危機こそ人類を救いへと導く鍵だと信じる者も。宇宙学者スティーヴン・ホーキング博士は、他の惑星での故郷づくりに目を向けます。ヒトゲノムを解読した研究チームの生物学者クレイグ・ベンターは、人類生存のために人工食糧や人工燃料の設計にチャレンジしています。


● 行く末は大惨事か、希望の未来か?
著名な環境学者のヴァクラフ・スミルは、”持たざる者”が裕福なライフスタイルを目指し、”持てる者”が無尽蔵にエネルギーや資源を使い尽くす社会は、やがて大惨事に直面すると警告。霊長類学者ジェーン・グドール、作家マーガレット・アトウッド、またコンゴ、カナダ、米国の活動家らは、私たちの知恵と道徳観の進歩に希望を抱いています。

----- ----- ----- ----- -----


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#460185 2019-08-06 04:23:04
More updates
Sat Aug 24, 2019
2:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般(¥1,500) SOLD OUT ¥1,500
学生(¥500) SOLD OUT ¥500
Venue Address
台東区下谷1丁目11−15 ソレイユ入谷1階 Japan
Organizer
URL since 2016 / Universal Research Laboratory
82 Followers
Attendees
19